無料相談実施中

交通事故(被害者側)に関する相談は,正式に依頼されるまで無料です。弁護士費用特約もご利用いただけます。詳しくは、墨田区錦糸町・押上アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。

 

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

 

最寄駅

 

墨田区

錦糸町

電 話

03

5819-0055

アライアンス法律事務所

東京弁護士会所属

弁護士 小川敦也

江東区亀戸からお越しの方、

都バスが便利です。

太平4丁目下車徒歩0分

脊髄損傷と将来の付添看護費用

1~2級程度の場合

 脊髄損傷など重度後遺障害(基本的には1級,2級程度)の場合,将来の付添感が費用が認められます。認められる期間は,原則として平均余命までの間です。認められる金額が,被害者の後遺障害の程度・内容,必要な看護の内容等によって異なりますが,大よそ以下のようになります。

職業付添人

実費全額(必要かつ相当な範囲で)

近親付添人

常時介護

1日あたり8000円程度

随時介護

介護の必要性の内容・程度に応じて相当な額

認められる金額の幅が大きい項目なので,必要とする看護の内容等について,具体的に立証する必要があります。

3級以下の場合

一般に介護が不要とされる3級の事案であっても、歩行・昇降、体位変換、排尿・排便、食事、衣服着脱、入浴等の日常生活に支障がある場合には、将来介護費用が認められる傾向にあります。しかしながら、4級以下の等級では認められ難いのが現状です。もっとも、自賠責で認定された等級が4級以下であっても、裁判で1級~3級相当の後遺障害だと認定されれば、将来介護費用が認められる余地はあります。

将来の付添看護費用に関する裁判例

職業付添人

1級3号の被害者(男・固定時21歳)につき,生命維持のため付添看護が必要不可欠とし,24時間介護のための職業付添人分日額1万8300円,合計1億8300万円余を認めた(東京地八王子支判平成12年11月28日)

常時看護

体幹・四肢麻痺,呼吸筋麻痺等(1級1号)の被害者(男・固定時24歳)につき,体重90kgであること,痙性でいきなり手足が硬直することがあること等から,妻60歳までは職業介護1,5名分2万1000円と妻8000円の合計日額2万9000円,以降は職業介護2名分日額2万8000円,合計1億9503万円余りを認めた(大阪地判平成19年4月10日)

随時看護

頚髄損傷に由来する左手指巧緻運動障害,左下肢脱力,左手握力低下等(9級10号)の会社員(男・固定時57歳)につき,一人での服の着脱,荷物の持ち運び,字を書くこと,入浴時に自分の身体を洗うこと等が困難であり,随時,妻の監護を要するとして,日額4000円,合計2014万円余を認めた(大阪地判平成21年8月25日)

交通事故に関するご相談は無料です

  適正な後遺障害等級を

  獲得しなければ、

  適正な損害賠償・慰謝料を

  受け取ることはできません

  墨田区錦糸町・押上

  アライアンス法律事務所では

  後遺障害の等級認定から

  慰謝料獲得までをお手伝いたします。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
東京都墨田区錦糸町・押上  交通事故に関する相談で弁護士をお探しなら、 アライアンス法律事務所まで 交通事故に関するご相談は無料です お気軽にご連絡下さい。 東京都墨田区太平4-9-3第2大正ビル1階 電 話 03-5819-0055 代表弁護士 小川敦也(東京弁護士会所属)