無料相談実施中

交通事故(被害者側)に関する相談は,正式に依頼されるまで無料です。弁護士費用特約もご利用いただけます。詳しくは、墨田区錦糸町・押上アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。

 

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

 

最寄駅

 

墨田区

錦糸町

電 話

03

5819-0055

アライアンス法律事務所

東京弁護士会所属

弁護士 小川敦也

江東区亀戸からお越しの方、

都バスが便利です。

太平4丁目下車徒歩0分

眼(眼球及びまぶた)の後遺障害等級認定

眼の後遺障害については、交通事故によって視力障害、運動障害、複視や視野障害が単独で生じることはあまりありませんが、脳実質の損傷に伴って、あるいは頚椎捻挫等とともに主張されることは少なくありません。詳しくは墨田区錦糸町、押上 アライアンス法律事務所まで。

眼球・まぶたの障害

眼(眼球及びまぶた)の後遺障害等級認定

  眼の後遺障害は〔眼球の障害〕と〔まぶたの障害〕に分かれています。

眼球

11

両眼が失明したもの

21

1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの

22

両眼の視力が0.02以下になったもの

31

1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの

41

両眼の視力が0.06以下になったもの

51

1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの

61

両眼の視力が0.1以下になったもの

71

1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの

81

1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になったもの

91

両眼の視力が0.6以下になったもの

92

1眼の視力が0.06以下になったもの

101

1眼の視力が0.1以下になったもの

131

1眼の視力が0.6以下になったもの

調

111

両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの

121

1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの

102

正面を見た場合に複視の症状を残すもの

111

両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの

121

1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの

132

正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの

93

両眼に半盲症、視野狭さく又は視野変状を残すもの

133

1眼に半盲症、視野狭さく又は視野変状を残すもの

まぶた

94

両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの

113

1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの

134

両眼のまぶたの1部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの

141

1眼のまぶたの1部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの

112

両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

122

1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
東京都墨田区錦糸町・押上  交通事故に関する相談で弁護士をお探しなら、 アライアンス法律事務所まで 交通事故に関するご相談は無料です お気軽にご連絡下さい。 東京都墨田区太平4-9-3第2大正ビル1階 電 話 03-5819-0055 代表弁護士 小川敦也(東京弁護士会所属)