無料相談実施中

交通事故(被害者側)に関する相談は,正式に依頼されるまで無料です。弁護士費用特約もご利用いただけます。詳しくは、墨田区錦糸町・押上アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。

 

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

 

最寄駅

 

墨田区

錦糸町

電 話

03

5819-0055

アライアンス法律事務所

東京弁護士会所属

弁護士 小川敦也

江東区亀戸からお越しの方、

都バスが便利です。

太平4丁目下車徒歩0分

後遺障害等級認定

  適正な後遺障害等級を

  獲得しなければ、

  適正な損害賠償・慰謝料を

  受け取ることはできません

  墨田区錦糸町・押上

  アライアンス法律事務所では

  後遺障害の等級認定から

  慰謝料獲得までをお手伝いたします。

神経系統の機能又は精神の障害

神経系統の機能又は精神の障害については、原則として脳、脊髄、末梢神経系に分けてそれぞれの等級により併合などして準用等級が決まります。

高次脳機能障害とは

「高次脳機能障害」とは,異常行動,認知障害,人格変化によって社会復帰が著しく困難になる脳機能障害をいいます。脳外傷による高次脳機能傷害と認定されると,程度に応じて1級~9級の後遺障害等級が認定されます(脳外傷によらない認知障害や情動障害等は、別の認定基準が適用され、原則として9級以下の認定がされます)。

遷延性意識障害

 交通事故被害者が遷延性意識障害になった場合,その逸失利益・介護費用が多額になるため,保健会社側は様々な主張をして賠償額を下げてきます。

PTSD

PTSDは,その診断の難しさ、因果関係の立証の困難さから後遺障害等級認定は否定的な傾向があります。しかし、諦める必要はありません。裁判でのポイントはPTSDかどうかではなく、「交通事故の態様、程度、身体障害程度が、被害者の精神疾患を発症させる程のものかどうか」にあります。

脊髄

脊髄損傷

  脊髄損傷による後遺障害が残った場合,ご本人とご家族の生活は,精神的にも経済的にも負担の大きいものとなります。将来の経済的負担についての不安を取り除くためにも,障害に応じた適切な賠償を得ることが重要です。

脊髄 骨折に伴い脊髄が損傷されるもの
骨折を伴わないもの
 

末梢神経

むち打ち

 むち打ち症は,他覚的所見を得ることが難しいことから,後遺障害等級認定の申請や保険会社との示談交渉でも紛争になり易い後遺障害です。後遺障害等級認定が否定される傾向が非常に強く、正しい治療、診断、そして交渉が必要となります。

上肢・手指

上肢及び手指の障害と障害等級

 上肢及び手指の障害については、障害等級表上、上肢の障害として欠損障害、機能障害及び変形障害について、また、手指の障害として欠損障害及び機能障害について、それぞれ等級が定められています。

下肢・足指

下肢については、欠損障害・機能障害がそれぞれ6段階、変形障害および短縮障害がそれぞれ3段階の等級が定められています。足指の障害については、欠損障害および機能障害について6段階の等級が定められています。くわしくは下肢・足指をご参照ください。

交通事故示談は弁護士をご活用ください

 墨田区錦糸町・押上 

 交通事故に関する相談で

 弁護士をお探しなら、

 アライアンス法律事務所まで

 交通事故のご相談は無料です。

 お気軽にご連絡下さい。

 

江東区・江戸川区・葛飾区・足立区・葛飾区の方からの交通事故のご相談も多数いただいております。お気軽にご相談ください。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
東京都墨田区錦糸町・押上  交通事故に関する相談で弁護士をお探しなら、 アライアンス法律事務所まで 交通事故に関するご相談は無料です お気軽にご連絡下さい。 東京都墨田区太平4-9-3第2大正ビル1階 電 話 03-5819-0055 代表弁護士 小川敦也(東京弁護士会所属)