無料相談実施中

交通事故(被害者側)に関する相談は,正式に依頼されるまで無料です。弁護士費用特約もご利用いただけます。詳しくは、墨田区錦糸町・押上アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。

 

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

 

最寄駅

 

墨田区

錦糸町

電 話

03

5819-0055

アライアンス法律事務所

東京弁護士会所属

弁護士 小川敦也

江東区亀戸からお越しの方、

都バスが便利です。

太平4丁目下車徒歩0分

傷害慰謝料(入通院慰謝料)

傷害慰謝料の算定基準 

 傷害慰謝料とは,交通事故により病院に入通院を余儀なくされたことに対する精神的損害を賠償する慰謝料のことです。傷害慰謝料は治療のために要した入通院の期間に基づいて算定されます。その算定の基準としては,自賠責保険基準,任意保険基準,裁判基準があります。保険会社は,それぞれに算定基準を有しており,示談交渉にあたっては,保険会社ごとの基準に従って算定された金額を提示してきます。この任意保険基準は,一般に裁判基準と比べて低く設定されています。 

他覚症状のないむち打ち症に対する慰謝料

 赤い本によれば、他覚症状のないむち打ち症に対する慰謝料算定にあたっては、別表2を用いることとなっています。こちらは別表1の金額の3分の2程度に基準となります。さらに、通院期間について、実治療日数を基準とし、「通院期間を限度として、実治療日数の3倍程度を目安」とするものとされています。

 これは、他覚症状のないもむち打ち症の事案では、被害者本人の性格に起因するもの、年齢的なもの等、加害者の責めに帰すべからざる事由により、入通院が長引くことが少なくないことが背景にあります。

むち打ち症で他覚症状がない場合
むち打ち症で他覚症状がない場合

入通院の期間

 入通院の期間は、実際に入院・通院していた期間に基づいて決められますが、具体的な事情によって、修正されることもあります。例えば、入院を続ける必余があるにもかかわらず、仕事が忙しくまたは育児のためやむを得ず退院した場合には増額修正されることがあります。また、入院はしていなくても、 ギプス固定中で安静を要するため自宅療養を強いられた場合は、その期間は入院していたものとして扱われることもあります。

傷害慰謝料の加算要因

傷害の部位,程度によっては,20~30%程度増額されます。また、生死が危ぶまれる状態が継続したとき,麻酔なしでの手術等極度の苦痛を被ったとき,手術を繰返したときなどは,入通院期間の長短にかかわらず別途増額が考慮されます。

交通事故(傷害慰謝料)のことは弁護士にご相談を

墨田区錦糸町・押上

交通事故に関する相談で

弁護士をお探しなら、

アライアンス法律事務所まで

交通事故のご相談は無料です。

お気軽にご連絡下さい。

江東区・江戸川区・葛飾区・足立区・葛飾区の方からの交通事故のご相談も多数いただいております。お気軽にご相談ください。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
東京都墨田区錦糸町・押上  交通事故に関する相談で弁護士をお探しなら、 アライアンス法律事務所まで 交通事故に関するご相談は無料です お気軽にご連絡下さい。 東京都墨田区太平4-9-3第2大正ビル1階 電 話 03-5819-0055 代表弁護士 小川敦也(東京弁護士会所属)